ここでは僕の趣味などやゲームなどを語っていこうとするページです。おもに遊戯王やテイルズなどを適当に語ってます。ここは嫌がらせで書き込むサイトではないので了承してください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説25話(後半2)

運命の道 God Children
第25話 それぞれの1日
「優馬、夏純、悠、遼介編」(後半2)




一方、こちらはラミエルとセーレが戦っている。お互いに空たかくへとあがるために、小さくなっていた翼が、
一気に大きくなる。二人とも空たかくへと舞い上がる。あがった直後、二人は神武を取り出す。ブレスレットから赤き閃光が走る。
一方はセーレは胸から、自分のなかにはいっている神武をとりだす。セーレの暗黒神武は銃のようだ。そんなこともしらないラミエルは、
双剣をもって敵に向かって突っ込んでいく。もちろん剣には炎の力が纏っている。
ラミエル「さっさと終わらせるわよ!! 炎舞・壱幕『椿』!!!!」
もっとも基本の技である炎舞の壱幕をセーレにむけて攻撃をした。しかし、近距離でギリギリのところでかわす。
ラミエル「何ですって!? あの距離でかわすなんて・・・・・・・。」
セーレ「君の動きが遅いんですよ!!」
手に持っている銃が奇妙な音を立てている。徐々にエネルギーをためそれをラミエルにぶつける。
セーレ「アステラスブラスト!!!」
銃撃をこの近距離で受けてしまう。そしてセーレは影の軍団のなかでも銃撃の攻撃のプロである。
ラミエル「ぐっあ!!!!!!」
悠「ラミエル!!!」
セーレ「この戦いでは死ぬわけにはいかない!! ルシファーさまのためにも・・・・・・。」
ラミエルはこの攻撃を喰らうと、一気に敵から離れたが、なんとか状態を元に戻すことができた。態勢を整えて、次の攻撃の態勢にはいる。
ラミエル「(まずいわね・・・・・・・・。近距離でまた戦ってあの攻撃を喰らったらもともこうもないわ。)」
戦法を変えることにする。呪文を詠唱し始める。どうやら魔法攻撃で遠距離から攻撃をb仕掛けるようだ。
ラミエル「和が魂にやどり聖なる力よ。それを炎となりて敵を焼き払え!! バーニング・インフェルノ!!!!」
この呪文を詠唱すると、目の前に魔方陣が出現し、そこからとてつもない強力な炎のエネルギーがセーレに向かって襲い掛かってくる。
それに対して、セーレも指針を集中させ、パワーを溜める。
セーレ「強銃爆砕弾!!!!!」
強力なエネルギーがそのエネルギーとほぼ互角な感じでぶつかり合う。そしてその二つのエネルギーはともに相殺した。だがセーレはすごいスピードでこちらに近づき、
ラミエルの顔面に一発蹴りを入れる。
ラミエル「ぐっ!!!!!」
上空に上がると、セーレはラミエルに対して銃撃を打ち込む態勢になる。銃が強力な音を発するとともにその攻撃を放つ。
セーレ「これで終わりだ!! アステラスブラスト!!!」
だが、ラミエルもそう簡単にその攻撃を喰らうはずがない。空中で態勢をたてなおして、双剣を重ねて巨皇剣・ゲッケイを姿を変え、一気にふりおろす。さすがの銃撃もこの強い一撃には耐えられない。
セーレ「何だと!? ぐっあ!!!!」
そしてその攻撃をくらうとすごい勢いで落ちていく。強力な攻撃をあてるには絶好のチャンスである。
悠「ラミエル!!いまよ!!!」
ラミエル「わかってるわ!!私の秘奥義を見せてあげるわ!!」
剣を前にかざすと、ブレスレットにはまっているホーリージェムが勢いよく飛び出す。その宝玉は武器へとセットされ、強力なエネルギーを剣が纏うようになる。
そしてパワーを一気にため、すごいスピードでセーレの元へと向かっていく。
ラミエル「跡形もなく灰塵と化しなさいっ!! 奥義!! 火龍翔破斬!!!!!」
この技は敵を空高くに切り上げ、その後勢いよく切り下げて地面につきおとす技である。この奥義はホーリージェムを使うことで覚えた技だ。
倒れているセーレを再び空たかくへと切りあげ、上に行ったところで大きく切り下げた。
セーレ「ぐっあああああああ!!!!」
セーレはそう叫ぶとその場へと気絶した。とどめの一撃を喰らわせようとは思っていたが、いきなりしたに魔方陣が出現し、セーレはそのなかへ消えていってしまった。
ラミエル「くそ!!止めをさせなかったわ・・・・・・・。」





こちらはアバリルとラファエル、そして援護で夏純がいる。この二人も猛烈にバトルをしている。ふたりすばやく神武を取り出し、空中でスピードバトルが展開されている。
夏純は回復役とともに、後方から援護攻撃をする。魔道書にかいてある呪文を詠唱しはじめた。
夏純「雷雲よ。聖なる雷で敵を粉砕せよ!! プラズマ・フィスト!!!!」
空からアバリルに向かって何かが落ちてくる。大きな拳のような形をしたものだ。それは高圧電流を纏っている。その攻撃をアバリルの持つ暗黒神武である槍でそれを抑える。
だがアバリルはラファエルと戦闘しながらも夏純に対して、攻撃をしかけてくる。ラファエルと戦闘をしているときにも呪文を詠唱し、夏純を襲う。
アバリル「暗黒よ。すべてを飲み込む闇の力となれ!! ダーク・ヴィジョン!!!」
その呪文を唱えると、夏純の足元から、黒いエネルギーが夏純のまわりを包み込んでゆく。だが夏純も防御の呪文をすでに唱えている。
夏純「聖なる光の力よ。我を纏いし壁となれ!! ライトバリア!!!」
結局、アバリルの攻撃は夏純には通じなかった。
アバリル「なんだと!!!?」
ラファエル「忘れるんじゃねえぞ!!お前の相手はこの俺だ!!!」
そういったあと、敵に対して攻撃を仕掛ける。
ラファエル「風牙槍!!!」
その攻撃をなんとかしてかわすアバリル。その後自分の槍をラファエルにたいしてつきを入れる。
アバリル「暗黒連撃槍!!!」
つきに対しての攻撃をふせぐことはできなかった。
ラファエル「くそ!!」
遼介「敵も槍つかいとなると、少々やりにくいな。」
そして再び戦闘に戻る。お互いの槍と槍が激しくぶつかり合う。夏純も下で呪文を詠唱し続ける。
夏純「水の力よ、刃となりて敵を貫け!!! アクア・セイバー!!!」
目の前に大きな水の剣が姿を現し、それがアバリルの方向に向かっていく。ラファエルの戦いに集中していたアバリルにその攻撃をよける暇はない。
まんまとその攻撃を喰らってしまう。
アバリル「ぐっああああ!!!!」
夏純「ラファエルさん!!止めをさすんならいまだ!!」
ラファエル「このチャンスを待ってたぜ!!!」
槍を前にかざすと、ブレスレットから勢いよくホーリージェムが飛び出し、ドラグーン・フェイスにセットされる。そして風のエネルギーを急速に身に纏い、
その攻撃をアバリルにぶつける。
ラファエル「行くぜ!!! 風牙鳥閃撃!!!!」
この攻撃は鳥の魂が槍にやどることによって高エネルギーな風のエネルギーを形成し、そのエネルギーを纏った槍で、相手を突き刺す技だ。
夏純の攻撃を喰らってしまったので、かなりの隙ができてしまい、アバリルはその奥義にあたってしまう。
アバリル「ぐあああああああ!!!」
その攻撃を喰らうと地面にだんだん落ちていく。落ちていく最中に黒い魔方陣があらわれ、その中にアバリルは消えていってしまった。
徐々に陸に下りていく。
ラファエル「ちっ、逃がしたか。」
夏純「今回の魔法は結構攻撃的にしてみました。」
ラファエル「ありがとよ。いろいろと戦いやすかったぜ。」



そしてガリスとアザエルが戦闘を行っている最中に影の軍団から通信がはいる。
ベリアル「アザエル!!そろそろ戻れ。」
アザエル「しかし・・・・・。」
この声は脳に直接響いてくる。
ベリアル「もう二人も負傷者を出しているんだ。この作戦はまだ余興にすぎない。だから戻って来い。」
アザエル「仕方ないな。」
こんな会話をしていると空の上に魔方陣が現れる。アバリルとセーレが消えた魔方陣と同じものだ。それにむかってどんどん入っていく。
アザエル「今日はこのぐらいにしといてやる。だが、次にあったときは必ず殺す!!!」
そしてアザエルは空のかなたへと消えていった。その姿を見終わった後にガリスは翼を小さくして地上におり、俺と変わる。
優馬「今回もにがしちゃったね。」
夏純「まあ、ゆっくり追えばいいかと思うよ。」
悠「しかし、なんで私達を襲ったのでしょうか?」
遼介「いつもは回りくどい方法で俺達を襲うはずなのにな。」
そう。この不安がのちに災難をまねくことになるのだ・・・・・・・・・・。







To be continued・・・・・・・・・・・・・
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

カイル

  • Author:カイル
  • 名前:カイル
    職業:学生
    最近テイルズや遊戯王、ポケモンなどにはまっています。
    適当に絵なども描いてます^^


    好きな(尊敬する)俳優・女優
    ・水島ヒロ
    ・須賀健太


    好きな(尊敬する)声優
    ・渡辺久美子
    ・子安武人
    ・中原麻衣
    ・久川綾


    好きなゲーム
    ・テイルズシリーズ
    ・.hackシリーズ
    ・ポケモン
    ・マリオシリーズ

    好きなテイルズシリーズ
    ・テイルズオブヴェスペリア(一番好きです)
    ・テイルズオブジアビス
    ・テイルズオブシンフォニア
    ・テイルズオブグレイセス
    ・テイルズオブデスティニー
    ・テイルズオブデスティニー2
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。